事例における中で、ベスト最初の「サポート」は何ですか?

この間、母体が夕御飯の備えの途中で、誤ってすり鉢を割ってしまいました。
本当はこういうすり鉢、自分にとっては懐かしい一品だったのです。

小さい頃、とにかく博士だった飯の惣菜の一つが「ホウレンソウのゴマ和え」でした。
建物では「ゴマよごし」と言っていましたね。
こういうメニューが出るケース、決まって自分がすり鉢でゴマをすりすりしていました。
これが自分にとって金字塔古臭い「バックアップ」のキャリアだ。当時3年齢だったと思います。
最初はゴマだけ入れてすりすりして、ゴマがすり鉢の中で広がってきたら、
コンコン音響を立てながら再び中央に集めて、更にすりすりを通じて、
粉状になってきたら、薬味を入れて、すり鉢の中でゴマと薬味を混ぜて…
という作業が今でもキャリアに残っています。
大きくなって、自分で夕御飯を始める機会があったケース、
キャリアをもとに作ってみたら、課題はまるっきり迷わなかったのに、
白ゴマがなく、黒ゴマによるせいで、思っていたのと違う味になって、
「危ないなー」と思いながらみずから一部始終食べたなんてメモリーもあります。

物心ついたあたりから家にあったものが干上がるのは、ふと寂しいものです。
あ、母体を責めているわけではないですよ(汗)。
すり鉢の相方、すりこぎ棒は健在なので、今後も長寿やるものです。iconip2013.org